料理レシピ

お昼に作りたい!超簡単!材料5つで作る子供も大好きスパゲティ

お昼に作りたい!超簡単!材料6つで作る子供も大好きスパゲティ

hirokoto
hirokoto

週末のお昼っていつも何作るか困りませんか?
手がかかるものだと大変ですよね。

このスパゲティは私が学生の時、小腹がすいたときによく作っていたレシピです。超簡単&美味しい!
なんか急に食べたくなって久しぶりに今回作ってみましたが、懐かしくて優しい味。

あんまりお腹空いていないと言っていた息子も全部食べてしまいました(^^)/

こん先生
こん先生
ではレシピを紹介します。

材料

材料4人分
  • パスタ………300g
  • ベーコン…………3枚
  • 冷凍コーン…………大さじ4
  • ケチャップ…………適量
  • 塩コショウ…………少々
  • バター………………20グラム

基本はこの材料です。他の材料を入れてアレンジも出来ると思いますが、一度基本で作ってみてください。
ベーコンの塩気やコーンの甘味、バターのコク、このバランスが絶妙なんです( *´艸`)

 

作り方(調理時間約15分)

1.分量外の塩を入れたお湯を沸かしパスタを茹でます。

2.パスタを茹でている間にベーコンを短冊切りにします。

3.フライパンにバター、ベーコン、冷凍コーンを入れ炒めます。

4.茹で上がった麺の水気をきり、3の中に入れます。

5.ケチャップ、塩コショウで味付けしお皿に盛ったら出来上がりです。

 

お好みで粉チーズをかけてお召し上がりください<(_ _)>

 

このレシピについて

私は母の作るスパゲティが苦手でした(お母さんごめんなさい)

大人になった今は大好きですが、子供の時は苦手だったのです。
理由としては野菜がたくさん入っていてケチャップの酸味が強かったからです。

お弁当の日なんかはお友達のスパゲティはオレンジ色なのに、うちのスパゲティは何でこんなにケチャップの色しているんだろう・・・?とお友達のスパゲティが羨ましく思えていました。

そんなことを思っていた私ですが、ある日お友達のお家に遊びに行ったとき、小腹がすいた友達がパスタを作ってくれたのです。それを食べた私は美味しい!と感激してレシピを教えてもらいました。

早速帰ってから作ってみます。
当時は小学校6年生です。
私はせっかちだったのか、早く食べたくてパスタのゆで時間が待てずいつも固めに仕上がっていたのを覚えています(^^)笑

母にはこの話は言えていませんが、今となって言えることは子供は野菜よりもベーコンやコーンが具に入っていた方が喜ぶということです。
実際にわが家の子供たちも料理によって野菜の食べ具合は違いますが、スパゲティの時は野菜よりもベーコンやコーンの方が食いつき度が格段にアップします。

大人には物足りないと思うかもしれませんが、素朴な懐かしい味もたまにはいいもんです(^^)

 

さいごに

私が大好きだった味は子供たちにも好評でとても嬉しかったです。
子供たちが完食してくれることを目標にいつも頑張っている私ですので、このレシピは週末お昼レパートリーに追加です。

皆さんも、手軽に食事を済ませたいときに作ってみられてはいかかでしょうか?
簡単で美味しいこと間違いなしだと思いますよ!