料理レシピ

卵不使用でも美味しい!子供も完食!煮込みハンバーグ

卵不使用でも美味しい!子供も完食!煮込みハンバーグ

hirokoto
hirokoto

今日のご飯は煮込みハンバーグです。

わが家の1歳5ヶ月の娘は卵アレルギーを持っていますので卵は使ってません。

一緒の料理を食べて家族みんなが満足する&子供が完食してくれることを目指して日々研究しています。

学校の給食に出てた「きのこたっぷりの煮込みハンバーグ」美味しかったと思いませんか?それを意識してきのこたっぷりにしてみました。

こん先生
こん先生
ではレシピを紹介します。

材料

材料4人分
  • 合い挽き肉………400g
  • 玉ねぎ…………1/2個
  • しめじ…………2株
  • パン粉…………100cc
  • 牛乳(または無料性豆乳と水半量づつ)……………パン粉が浸るくらい大体同量の100cc
  • オールスパイス……少々
  • 塩コショウ…………少々
  • ブラックペッパー…少々(お子さんが食べるときは入れないかほんの少々)
煮込みソース
  • ケチャップ……………………大さじ3
  • おたふくのお好みソース……大さじ
  • ウスターソース………………大さじ1.5
  • しょうゆ………………………大さじ1.5
  • 砂糖……………………………大さじ1.5
  • 水………………………………160ccくらい
  • とろみづけの片栗粉…………大さじ1(水大さじ1で溶く)

私はいつも目分量なので調味料の分量が大体なのですが、薄かったり濃かったりしたときは調節してみて下さい。次はちゃんと分量をはかりたいと思います<(_ _)>

 

作り方(調理時間約30分)

1.玉ねぎをみじん切りにし、ラップに包んで電子レンジで2分チンし冷ましておきます。

2.ボウルにパン粉を入れて、牛乳をパン粉に浸すように入れます。

  • このパン粉を牛乳に浸す作業で柔らかなジューシーハンバーグになってくれます。
いいテク

ポリ袋に材料を入れて混ぜると洗い物が減って楽ちんですよ(^^)
袋を使って混ぜるときは混ざり切れてないところが出てきやすいのでしっかりと袋をもみもみして混ぜてくださいね。

3.2のボウルに合い挽き肉、オールスパイス、塩コショウ、ブラックペッパー、やけどしない程度に冷めた玉ねぎを入れこねます。

4.肉だねが混ざったら成形してフライパンに並べ中火で焼いていきます。

  • 後で膨らむので真ん中を少しへこませるようにするよ。
  • 焼くと結構油が出てくるので油はひかないよ。

5.片面が焼けたらフライ返しで裏返します。油が出てますが拭きとったりせずこのままでOKです。

6.いい焼き色がついていたら蓋をして5分蒸し焼きにします。火加減は中火のままでOKです。

7.肉が焼けたらお皿に取り出して、肉の油でしめじを炒めます。

8.しめじに火が通ったら、一度火を止め片栗粉以外の煮込みソースの調味料を入れていきます。

9.煮込みソースの調味料です。

いいテク

フライパンに調味料を出すときに大さじ1くらいの分量かなーと思う量を並べて入れていきます。超適当です。多少のずれはあると思いますが後で調整すればいいので極力洗い物は少なくです(^^)

10.箸で調味料をかき混ぜて均等に混ざったら、蓋をして5分ほど煮込みます。

肉を入れて煮込むと肉のうまみが出て煮込みソースに深みが出ます。5分後味見をして薄かったり濃かったりしたら調節します。

  • 味の調節は片栗粉を入れてとろみを出す前にするよ。

11.味が決まったら水溶き片栗粉を入れてとろみづけをします。

  • 水溶き片栗粉を入れるときはいったん火を止めて、だまになることを防ぐよ。

12.かき混ぜてとろみがついたら、肉を裏返して蓋をし1分煮込みます。

 

13.1分に込んだらお皿に盛り、キノコたっぷりのソースをかけたら出来上がり。

 

ハンバーグに入れる卵は何のため?

普通はハンバーグには卵を入れて肉だねをつくります。

卵を入れる役割は何でしょう?

それはお肉とお肉をくっつけるつなぎの役割を果たすからです。
つなぎ作用と合わせてふんわり感もだしてくれます。

その他に入れる材料も、牛乳はお肉の臭み消しパン粉は肉汁を吸ってジューシーにという役割があります。

お肉のインパクトを強くしたければ卵無し、このレシピの場合は牛乳をパン粉に浸さず量を少なく調節してみてください。

 

さいごに

今回は卵無しのハンバーグですが、柔らかジューシーに仕上げるためにパン粉に牛乳を浸すことパン粉、牛乳の分量も少し多めに入れています。
卵無しと全然気づかない、むしろ卵無しよりも柔らかくジューシーで私はこちらの方が好みです。

子供もこのふんわり柔らかハンバーグが大好きでいつも完食してくれます。
一番上の子はお肉の繊維や固いハンバーグは食べてくれないので、子供の為に改良をして出来た煮込みハンバーグです。

とっても美味しいのでぜひ作ってみてください。